異例づくしの秋場所だった。


あらためて星取表を見みるとなんと「や」の多いことか。江戸時代の星取表を見ている様だ。

多くの横綱大関が休場する中で最後に優勝争いをしたのは一人横綱の日馬富士と一人大関の豪栄道だった。やはり番付は正直で上手くできている。

しかし優勝争いは予想外だった。優勝目前だった豪栄道は大事なところで連敗して,前半に気前よく金星を配給していた日馬富士に逆転された。千秋楽の二人の気持ちには大きな差があった。それが二番の取り組みにはっきり現れた。多数の休場者とこの優勝争いの展開は異例であり後に何度も思い出すことであろう。

関脇の御嶽海と嘉風はともに勝ち越したが印象はまるで違う。御嶽海はもっと頑張って欲しかった。頑張りという点では玉鷲と琴奨菊を上げたい。

玉鷲は高安戦で足首を痛めたが「歩けるから大丈夫」と最後まで出続けて1点の負け越しで終わったのは立派だ。琴奨菊も元気一杯だった。連敗の後良く立ち直り来場所の三役復帰を決めた。相撲に粘りがあり残せる所をよく残している。体調が戻り稽古が出来る様になったのだろう。

琴奨菊でよく思い出すことがある。それは大関陥落が決まった時だ。この時稀勢の里が横綱昇進を決めた。一門で初の綱打ち式があったが琴奨菊は笑顔で参加していた。心境は如何に……? この映像を見て「いい人だなぁ」と思って今も印象に残っている。

もう一人忘れてはならないのが阿武咲である。入幕から連続10勝は素晴らしい。何よりあの表情がいい! 来場所、全員揃うであろう横綱大関にどう立ち向かうか楽しである。

【日本直販のガーデン・DIY・趣味】

『チャイハネ』公式通販 エスニック ファッション・アジアン 雑貨



【博多久松】九州・博多の美味いものを取り揃えています!



スポンサーサイト
最近の記事
カテゴリー
amazon
ブックマーク
スポンサーサイト
スポンサーサイト
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
Amazon商品一覧【新着順】
スポンサーサイト
amazon
ユナイテッドシネマ
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
チケットぴあ
チケットぴあ
日本航空
JAL 日本航空 国際線航空券
ソフトマップ
あると便利、すぐに役立つ。ビジネスに最適のアイテム特集! パソコン編
RSSフィード
リンク