FC2ブログ

三月場所を振り返る。



充実した面白い場所だった。 休場者もなく、大関陣の活躍もあって毎日が楽しかった。 

横綱、大関が好調だったので、関脇以下、前頭上位が惨憺たる成績に終わった場所でもあった。 その中で琴勇輝だけは際立っていた。初めての幕内上位でこの成績は素晴らしい! 絶賛! 

さて、ここで今場所の横綱・大関同士の対戦成績を見てみよう。(日馬富士、照ノ富士は同部屋で対戦がないので5戦、他は6戦) 

白鵬ー6戦全勝、
日馬富士ー2勝3敗
鶴竜ー2勝4敗
稀勢の里ー4勝2敗
豪栄道ー4勝2敗
照ノ富士ー2勝3敗
琴奨菊ー6戦全敗  

やはり白鵬は強かった。 稀勢の里、豪栄道はよく健闘したと言える。 琴奨菊はキッチリ先場所のお返しをされた。

場所が終わったばかりの印象から、来場所に期待したいのは稀勢の里と日馬富士である。 稀勢の里は相撲が変わった。落ち着きと下半身の安定が出てきた。そのせいで準優勝だ。楽しみである。 

日馬富士は9勝と不本意な成績だったが、本来の相撲勘と気力は一級品だ。 しかし怪我が多くその良さが発揮できないのは残念。 体調万全ならという条件付きで期待したい。

今場所の豪栄道の活躍は見事だったが、ひと場所では今後は占えない。先場所の琴奨菊と同じだ。

照ノ富士の若さ、将来性は期待できるが、まずけがと同時に相撲の取り方も直す必要があるのではないか。 このままでは未完の大器で終わる心配も出てくる。 

鶴竜、琴奨菊については述べることはない。 予想通りだったし、来場所もとくに期待するわけでもない。 

優勝した白鵬だが、やはり千秋楽の一番はひどかった。 後半になるほど調子をあげて凄いと思っていたが、今となっては過去のものだ。後味の悪さだけが残っている。ダメ押しも良くない。 懸賞の受け取り方も気に入らない。 次々に偉業を達成する白鵬にいまこんな印象が先立つのが情けない。

最後に三賞についてひと言。 今場所は琴勇輝が殊勲賞で他は該当者なしという結果だった。 ある人がまた三賞をケチったと書いていたが本当にそう思う。 

最近は`該当者なし`が多くなったが、昔に比べて選考委員の「相撲を見る目」が無くなっているのではないだろうか。簡単に`該当者なし`にしてしまう。 例えば今場所の琴勇輝なら敢闘賞も取っていいし、毎場所、技能賞、敢闘賞の該当者はいる筈である。しっかり選んでもらいたい。





次世代フラグシップモデル。デジタル一眼カメラ『ニコン D5』 『ニコン D500』

24時間ビック特価!PC&PC周辺機器





スポンサーサイト
最近の記事
カテゴリー
amazon
ブックマーク
スポンサーサイト
スポンサーサイト
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
Amazon商品一覧【新着順】
スポンサーサイト
amazon
ユナイテッドシネマ
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
チケットぴあ
チケットぴあ
日本航空
JAL 日本航空 国際線航空券
ソフトマップ
あると便利、すぐに役立つ。ビジネスに最適のアイテム特集! パソコン編
RSSフィード
リンク