FC2ブログ

 九月場所を振り返って思うこと。



カド番だった大関豪栄道の全勝優勝は「驚き」だったが、終わってみると納得できる。そのくらい力強く勢いがあった。
本人すらその結果に驚いているが、次が大事と気を引き締めているのがいい。

今場所の豪栄道はアゴが引けて前に出る相撲が多かった。悪い時の引き技やわきの甘さも影をひそめていた。来場所以降もこの相撲が続けられれば横綱も見えてくる。

しかし前回も述べたように簡単に考えてはいけない。 横審の委員長は稀勢の里のときよりハードルを下げた発言をしているが、全勝優勝はそれだけインパクトが強いという訳だ。 でも慎重に判断してもらいたい。


ここで思い当たるのが鶴竜である。大関だった鶴竜は存在感がなかったが、突如好成績を上げて横綱になった。しかし、現在は存在感の薄い横綱であり続けている。昇進は将来性をよく見てから決めるべきだと思う。

稀勢の里は10勝5敗で振り出しに戻った。 安定した成績を収めていたが緊張はそう長くは続けられない。いま言っても仕方ないが一度優勝が欲しかったなぁ。やはり腰高を直さないと攻め込まれたときに慌てることになる。いちど気持ちをリセットして「新しい稀勢の里」に期待したい。

三役と前頭上位は厳しい地位で毎場所入れ替わりが激しい。今場所勝ち越したのは関脇の高安と前頭筆頭の隠岐の海の二人だけだ。高安は自力がついて大関をねらうまでになった。

隠岐の海は前半の活躍があってなんとか勝ち越した。四つ相撲力士の「ツラ相撲」はあまり見たことがない。やはり気持ちの持って生き方が難しいのかと考えさせられた。

そんな隠岐の海の相撲に変化を感じたのは中日の御嶽海戦で見せた張り差しと、十一日目宝富士に立ち合いからもろ手突きでいったとき。これは非常に興味深いことだった。隠岐の海のもろ手突きをもっと見たい。そうすれば相撲の幅が広がると思う。

最後に遠藤ついてに触れるが、今場所は納得の技能賞受賞である。調子の悪いときでも正攻法の相撲を貫くその姿勢が人気の理由だ。いままでの苦労が報われる堂々の13勝2である。もうけがをしないで上位で活躍してほしい。





日本直販のゴルフ・レジャー



トクホのおみそ汁


   
スポンサーサイト

comment

Secret

最近の記事
カテゴリー
amazon
ブックマーク
スポンサーサイト
スポンサーサイト
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
Amazon商品一覧【新着順】
スポンサーサイト
amazon
ユナイテッドシネマ
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
チケットぴあ
チケットぴあ
日本航空
JAL 日本航空 国際線航空券
ソフトマップ
あると便利、すぐに役立つ。ビジネスに最適のアイテム特集! パソコン編
RSSフィード
リンク