名古屋場所は平凡なままで終わるのか。



名古屋場所はまだ九日目が終わったばかりだが、もう白鵬の優勝が濃厚というところまできてしまった。

上位陣はすでに白鵬とは二つ以上星の差がついている。

前半は休場者が出て、今日は日馬富士、高安 、豪栄道が相次いで破れた。

優勝争いの興味は限りなくしぼんでしまった。この先どこに関心を持てばいいのだろう。 三賞の行方でも占って見ようか。

四横綱時代の到来と喜んだが、先場所も今場所も横綱同士の取り組みは一つだけだ。

淡白な優勝争い、少ない 横綱対決 ………こんな状況を救っているのは若手力士の活躍である。

これ自体は喜ばしいことだが、それだけでは物足りない。 やはり熾烈な優勝争いがいちばん盛り上がるのだが今場所はもう無理かもしれない。

Just MyShop(ジャストシステム)
雪印メグミルクダイレクト機能性食品

【初月無料】学研ゼミがいよいよグランドオープン!






スポンサーサイト
最近の記事
カテゴリー
amazon
ブックマーク
スポンサーサイト
スポンサーサイト
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
Amazon商品一覧【新着順】
スポンサーサイト
amazon
ユナイテッドシネマ
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
チケットぴあ
チケットぴあ
日本航空
JAL 日本航空 国際線航空券
ソフトマップ
あると便利、すぐに役立つ。ビジネスに最適のアイテム特集! パソコン編
RSSフィード
リンク