残念な横綱の休場



やっぱりと言うか稀勢の里と鶴竜の休場は残念だ。

稀勢の里が横綱になって四横綱となったが揃って皆勤した場所はない。

本来なら四横綱で横綱同士の取り組みが6番あるのだが二人休むことによって1.番しか見られない。

白鵬の調子も?マークがつく状況だ。出場しても最後まで取れるか不安が伴う。

四人の横綱は30歳を超えているので怪我も治りにくいと思う。

大関は豪栄道と照ノ富士はカド番で秋場所を迎える。(両者は順調な稽古ができているとの情報あり)

高い相撲人気だが内情は危険信号と言わざるを得ない。

こんな状況を払拭するのは若手の活躍である。

若手力士にはいろんなタイプの力士がいて面白い。

小兵力士や大型力士が連日土俵を沸かせてくれるだろう。

それと共に混戦になる(であろう、いや、なってもらわないと困る)優勝争いを楽しみたいと思う。

日比谷花壇

セール訴求用







スポンサーサイト
最近の記事
カテゴリー
amazon
ブックマーク
スポンサーサイト
スポンサーサイト
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
Amazon商品一覧【新着順】
スポンサーサイト
amazon
ユナイテッドシネマ
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
チケットぴあ
チケットぴあ
日本航空
JAL 日本航空 国際線航空券
ソフトマップ
あると便利、すぐに役立つ。ビジネスに最適のアイテム特集! パソコン編
RSSフィード
リンク