強豪横綱太刀山

  ( さすがに高価!)


谷風、小野川の後に登場した雷電のように、常陸山、梅ケ谷の後に君臨した太刀山は雷電の再来とも呼ばれた。剛腕から繰り出すもろ手突きは凄まじく、一突き半で相手を吹っ飛ばすことから四十五日と恐れられた。太刀山のまわしに触れただけで相手力士は称賛されたという。 

また得意技の仏壇返し(呼び戻し)も有名である。 とにかく強い! 横綱になってからの黒星はわずかに三つだ。  こんな記事を読んでいるので歴代横綱の中で最も関心の高い力士だ。太刀山にまつわる話は他にもあるが、興味深いことがある。

それは連勝記録だ。まず明治42年1月から45年1月にかけて43連勝した。八日目に西ノ海に負けたが翌日から56連勝(大正5年5月まで)している。もしこの1敗がなければ(勝っていれば)100連勝で双葉山も真っ青の記録だった。当時は記録にあまりこだわりは無かったのだろうか? 本人も、世間も・・・・なんとももったいない敗戦である。 

引退して一時協会に残るが廃業後は趣味である富士山の絵を描きながら悠々自適に暮らしたという。付け加えると還暦の土俵入りをしたのは太刀山が最初である。 

Honya Club.com





利用者数【第1位】フィギュア買取専門店

スポンサーサイト
最近の記事
カテゴリー
amazon
ブックマーク
スポンサーサイト
スポンサーサイト
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
Amazon商品一覧【新着順】
スポンサーサイト
amazon
ユナイテッドシネマ
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
チケットぴあ
チケットぴあ
日本航空
JAL 日本航空 国際線航空券
ソフトマップ
あると便利、すぐに役立つ。ビジネスに最適のアイテム特集! パソコン編
RSSフィード
リンク