FC2ブログ

  土俵の女人禁制は当然、議論の余地はない!



舞鶴の巡業中に端を発した土俵へ女性が上がることへの問題は今だに尾を引いている。あの時は不測の事態だった。

まずは市長の命に別状がなかったことは良かったし、躊躇なく土俵に上がり対応した女性の看護師の方も立派だった。理事長は市長へのお見舞いと、この女性の看護師に感謝する意向を示した。

ここまでは良かったが、動揺した若い行司が「女性の方は土俵から降りてください」とアナウンスしたことが問題となった。 しかしこの行司さんは責められない。

この時から土俵への女人禁制の問題があれこれ言われることになってきた。だがそれほど大騒ぎすることなのだろうか? 今回の出来事はあくまで予期せぬ緊急事態であって、これを土俵への女人禁制と結びつけるのは間違っている。

その後の宝塚の女性市長の巡業での挨拶などはもはや恨み節でしかない。それに同調するかのように、また例によってワイドショーのコメンテーター達がワイワイやっている。所詮この人たちは野次馬であり普段は相撲を見ていない(従って相撲を理解していない)。またこんな時にしか呼ばれない評論家や記者も情けない。

女性が土俵に侵入しないのは昔から大相撲では常識であり今後も変える必要はない。永年、先人たちが守ってきた伝統やしきたりに理由や説明など不要であると考える。

これからもしっかりと守って未来に引き継いでもらいたいと思うのである。雑音に影響されることなく堂々とした姿勢を見せる今の相撲協会に賛同する。大相撲は本場所を熱心に観戦(テレビやラジオを含めて)するファンが支えているのだ。

新鮮なお花をプロが手届け!【フジテレビフラワーネット】送料無料

ワンルームにおけるコンパクトカウチソファ




新幹線で行く!東京への旅

スポンサーサイト
最近の記事
カテゴリー
amazon
ブックマーク
スポンサーサイト
スポンサーサイト
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
Amazon商品一覧【新着順】
スポンサーサイト
amazon
ユナイテッドシネマ
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
チケットぴあ
チケットぴあ
日本航空
JAL 日本航空 国際線航空券
ソフトマップ
あると便利、すぐに役立つ。ビジネスに最適のアイテム特集! パソコン編
RSSフィード
リンク