FC2ブログ

横綱輪島を偲ぶ。



天才横綱―輪島大士物語
大相撲大全集「昭和の名力士」 9 横綱輪島・北の湖 (<VHS>)
わたし、元横綱輪島の"脱線"女房―寄った!ノコッタ!おもしろマジメの夫婦相撲 (21世紀ブックス)

また昭和の横綱が逝ってしまった。2010年以来 初代若乃花、隆の里、大鵬、北の湖、千代の富士、佐田の山、輪島と7人の横綱が亡くなった。平均年齢が69.3歳と一般の平均と比べると若過ぎる。本当に昭和が遠くなっていく。

輪島は天才という言葉がよく似合う。黄金の左と言われた左下手投げは本当に見事だった。ライバル北の湖との対戦は判で押したように半身の左四つになる。それから数々の名勝負が繰り広げられたものだ。

二度の学生横綱から鳴り物入りで入門して、わずか三年半で横綱に昇進した。これまで多くの学生相撲出身の力士がいるが横綱になったのは後にも先にも輪島ただ一人だ。これだけとってみても天才と言えるだろう。性格がプロ向きだったと思う。

広い肩幅と見事な骨格で無駄な肉はついていなかった。しっかりした型を持った力士だった。今思い出しても輪島の相撲は力が入ったし、見ていて面白かった。なかなかこういう力士は出てこないような気がする。

現役時代の華やかさから比べるとその後の人生は厳しかったようだ。4年近くの親方稼業からトラブルで突然廃業したが指導者としての手腕は未知数だった。もっと続きを見たかった。

角界を離れた後はプロレスやタレント活動などをしていたが、周囲に利用されているようで、可哀想で見ていられなかった。やはり横綱になった人は特別な存在であり、生涯品格を持ち続けて欲しい。

しかしその後の輪島は病気があったものの静かな日々が送られたようで良かったと思う。

秋の旅行特集 びゅう

全国の有名胡蝶蘭が全てある 胡蝶蘭専門店ギフトフラワー




【最大80%オフ】ロフトネットストアだけのお得な週替わりセール開催!


スポンサーサイト
最近の記事
カテゴリー
amazon
ブックマーク
スポンサーサイト
スポンサーサイト
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
Amazon商品一覧【新着順】
スポンサーサイト
amazon
ユナイテッドシネマ
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
チケットぴあ
チケットぴあ
日本航空
JAL 日本航空 国際線航空券
ソフトマップ
あると便利、すぐに役立つ。ビジネスに最適のアイテム特集! パソコン編
RSSフィード
リンク